異文化理解から広がる 無限の可能性 

リセオの紹介

沿革

沿革
日本メキシコ学院は長い友好関係をもつ日本・メキシコ両国の象徴です。

価値観 

ここに掲げる価値観は、当院の教育理念を実現するため不可欠な要素です。

施設

リセオの校舎は、1977年にマヌエル・ローゼン・モリソン、ペドロ・ラミレス・バスケスら、世界的に著名なメキシコの建築家により設計されました。

イベント

異文化理解を深める学院行事

Koji Ishimatsu
当院は、メキシコと日本の交流と理解を促進し、異文化を尊重して世界に貢献する人材を育成することを目的に1977年に創立されました。リセオはメキシコ人、特に日系の方々と日本人からなる多くの先人たちのたゆまぬ努力の結晶です。
石松康司
学院長
Yumi Hirasawa Oosegi,  Presidenta del Consejo Directivo
当院のこれまでの発展は、リセオで培われてきた価値観の尊重、そして世界のグローバル化に伴う様々な変化への適応力、これら二本の柱に基づいています。
平沢悠美
理事長